HACCPとは

「HACCP」(ハサップ)はアメリカで発案された衛生管理手法で、食品業界に評価されたことにより現在では衛生管理の国際的な手法となりました
製造工程を細分化し工程ごとのリスク管理を行うことで事故が発生した場合でも原因の迅速な究明と対応が可能になります。

HACCPの導入方法

HACCPの導入・運用は2021年6月から完全義務化となっており、従業員数が50名未満の小規模事業者に対してはHACCPを取り入れた衛生管理として以下の6つの内容が定められています。

記録・管理は1年間の保存義務があり、紙・データでの保存方法があります。

HACCP奉行の導入メリット

店舗向けHACCP管理ツール「HACCP奉行」では、従来の重要管理記録簿からHACCP管理に必要な機能だけを残し、わかりやすく一括管理ができます。
また、HACCP奉行導入でGoogleMAPでのMEO対策が無料に!新規集客と既存集客のどちらのお悩みも解決いたします。
飲食店向けのキャンペーン等も随時行っております。
お問い合わせお待ちしております。

つくばエナジーでは、事業者様に最適なHACCP対策管理ツールをご提案いたします。

お問い合わせお待ちしております。